ページの概要:町指定文化財について紹介します。

恵海上人五輪塔

呼び方:けいかい しょうにん ごりんとう
種 別:有形文化財建造物
指定年月日:昭和58年3月5日
所在地:沖田面字早稲田
所有者・管理者:早稲田観音総代会

解説
 永福寺三十世恵海上人は、盛岡城の築城とともに、お城の鬼門鎮護のため移された盛岡永福寺の開祖にあたります。
 恵海上人は、新しく城下町を形成するにあたって、胎蔵界曼陀羅によって寺院を配置することを建言した、といわれています。
 1617年(元和3)5月19日入寂。
五輪塔には「傳燈大阿闍梨……」「法印恵海上人」と刻まれています。

桜場安房の墓石

呼び方:さくらば あわ の ぼせき
種 別:有形文化財建造物
指定年月日:平成17年9月28日
所在地:小向字正寿寺62-4
所有者・管理者:南部利文・三光寺

解説
 桜庭安房直綱は、はじめに佐々木与三郎と称し、1589年(天正17)元服のとき南部信直公により直の一字と、国次の脇差を賜りました。
 直綱は、赤石館主として二千石を領し、1592年(天正20)の諸城破却のころから三戸城内に居住しました。
 26代信直公、27代利直公に仕え、1620年(元和6)没。
 墓石に「捐舘覚翁圓公居士覚霊」と刻まれています。

 

 

岩舘右京の墓石

呼び方:いわだて うきょう の ぼせき
種 別:有形文化財建造物
指定年月日:平成17年9月28日
所在地:小向字正寿寺62-4
所有者・管理者:南部利文・三光寺
 

 

 

解説
 岩舘右京義矩は、南部27代利直公に仕え、糠部郡のうち岩舘村八十二石二斗を知行し、三戸城下の南の固めである沼尻惣門に居住しました。
 公の知遇を受け、1608年(慶長13)二百石に加増されました。
 義矩は、利直公が逝去された翌月の忌日、1632年(寛永9)9月18日に殉死しました。行年53歳。法号、覚岩宗正居士。

八木橋藤十郎の墓石

呼び方:やぎはし とうじゅうろう の ぼせき
種 別:有形文化財建造物
指定年月日:平成17年9月28日
所在地:小向字正寿寺62-1
所有者・管理者:南部利文・三光寺

 

 

解説
 八木橋藤十郎武茂は、南部利康死去の翌月の忌日、1631年(寛永8)12月21日に殉死しました。武茂は、孫左衛門茂吉の長男でまだ部屋住みでした。行年26歳。法号、忠岳宗順禅定門。
 二つの石碑が建っているが、自然石のほうが当初に建てられた墓碑で、切り石のほうは武茂の末弟にあたる茂右衛門茂喬が、1751年(寛延4)に建碑したものです。
 27代藩主利直公は、藤十郎武茂の忠死を賞されて父の茂吉に玄米三十石を加恩し、弟二人に五十石ずつを与え、両子の病死により茂吉に対して旧知行と合わせて二百石を与え、子孫に伝えさせました。

早稲田観音像

呼び方:わせだ かんのん ぞう
種 別:有形文化財彫刻
指定年月日:昭和53年10月17日
所在地:沖田面字早稲田7-2
所有者・管理者:早稲田観音総代会

解説
 おだやかな御面相の十一面観音像で、頭上には頂上仏面及び化仏をいただき、衲衣は通肩になっています。右手は下げて右膝の上に掌を上に向けて出し、いわゆる与願印を結び、左手には蓮華を持っています。眼には玉眼がはいっていて、唇には口紅がされ、額には白毫もあります。蓮華座の上に結跏趺坐の姿で、背後には二重輪光背を付けています。台座の総高は60cmで、上部の蓮弁の部と下の八角形の框座との中間には敷茄子があり、敷茄子の真中には獅子の彫刻がほどこされています。本格的な彫刻の観音像であって、おそらく室町時代頃の作かと思われます。奥州南部糠部三十三番の二十三番の札所。

 

隅ノ観音像

呼び方:すみの かんのん ぞう
種 別:有形文化財彫刻
指定年月日:昭和53年10月17日
所在地:小向字鱒沢103
所有者・管理者:隅ノ観音総代会

解説
 体の割合には頭部は少し大きいように思われ、きつい眼をしていますが、ふくよかな御面相をしている聖観音像です。宝冠はなく、宝髻のみ頭上高く結い上げられ、額の白毫はとれて無くなっています。左手は前に出して左膝の上に置いていて、多分蓮華でも持っていたものと想像されるような手の格好をしていますが、今は何も持っていません。衲衣は通肩、胸飾もありません。僅かながら彩色のあとが見られます。台座は蓮弁のない半円形の椀形をしていて、その下の台の表面には反花の彫刻のある台座で、観音像本体の彫刻の手法にくらべて、台座の彫刻は少し素朴過ぎるような感じのする台座です。光背は無くなっています。像高30cm。

 

 

 

 

観音菩薩立像(奇峯学秀作)

呼び方:かんのん ぼさつ りつぞう(きほう がくしゅう さく)
種 別:有形文化財彫刻
指定年月日:平成3年4月17日
所在地:大向字長谷94-1
所有者・管理者:恵光院

解説
 この学秀仏は、小井田幸哉氏の「向村上平、三縁堂新山神社境内、昭和十五年一月二十一日スケッチ」が契機で、探し出されたものでした。三縁堂は大向館のうち中館(別名エゾ館)の北側中段の台地(上平)の一隅にあり、往時は館の守り神として毘沙門天が祀られていましたが、学秀仏が合祀されたものと思われます。この堂は、三戸住谷御野守、留目家の総本家が昭和の初期まで管理していましたが、その末裔・留目正實氏家から発見されたことは奇しき仏縁です。現在は里帰りして長谷恵光院「奥の院」に安置されています。像高38cm。

鰐口

読み方:わにぐち
種 別:有形文化財工芸品
指定年月日:昭和59年3月13日
所在地:小向字八幡27
所有者・管理者:八幡宮総代会

解説
 鰐口に彫られている銘から、泉山清右衛門が1657年(明暦3)8月、南部28代重直の時代、八幡宮に奉納したものです。

 

 

櫛払

読み方:くしはらい
種 別:有形文化財考古資料
指定年月日:平成9年6月27日
所在地:沖田面字沖中46
所有者・管理者:南部町教育委員会

解説
 櫛払は、櫛についた汚れを払う化粧道具の一つで、朱漆が塗られています。長さ4.2cm、厚さは3mm。平成6年度に出土しました。

 

 

上名久井諏訪神社棟札(2枚)

呼び方:かみなくい すわじんじゃ むなふだ
種 別:有形文化財歴史資料
指定年月日:平成12年10月31日
所在地:高瀬字宮野
所有者・管理者:上名久井諏訪神社

解説
 上名久井諏訪神社は、町史に「該社ハ永正二丙寅年七月九日ヲ以テ創立シ建御名方命ヲ祭神トシス」とあり、旧名久井村の村社として古くから多くの村人から崇拝されてきています。神社には棟札が17枚保存されていますが、古いものは永正二丙寅年と元禄元年壬辰年となっており、およそ五百年の歴史を刻む由緒ある棟札です。

 

 

 

剣吉諏訪神社神楽

呼び方:けんよし すわじんじゃ かぐら
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:剣吉字上町

解説
 1771年(明和8)に諏訪神社の神輿を京都で作らせ、このときサギリ(商宮津)、神楽、鹿踊りの三つの神事芸能を伝承しました。世話人村井市右衛門氏が京都から人を招いて伝承させたといい、翌9年まで用具などを整え終わったという記録が残っています。神楽は朱塗りの大きな獅子頭、それに大きな広い幕がついています。

剣吉諏訪神社鹿踊

呼び方:けんよし すわじんじゃ しかおどり
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:剣吉字上町

解説
 1771年(明和8)に諏訪神社の神輿を京都で作らせ、このときサギリ(商宮津)、神楽、鹿踊りの三つの神事芸能を伝承しまた。世話人村井市右衛門氏が京都から人を招いて伝承させたといい、翌9年まで用具などを整え終わったという記録が残っています。鹿踊が現在用いている鹿頭は、1847年(弘化4)に上町の吉十郎が細工したものと格納箱に記されています。

剣吉下町内朳組

呼び方:けんよし しも ちょうない えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:剣吉字伊勢沢

解説
 下町内えんぶりの創始時代はつまびらかではありませんが、藩政時代より始まり、明治、大正、昭和と経て現代に代々受継がれ今日に至っています。農作物の豊年を祈願し祝う素朴な行事がだんだん発達し、土地の地頭や藩主の御膳での祝事となり、また産土神を中心としてえんぶりも神事として部落民のよりどころとし、一方は冬期間のレクリエーション的として親しまれ育ってきました。付随して種々の舞、南部手踊り等も発達し近郷で盛んな時は80組もあり、競演では1位の栄冠もありました。

森越朳組

呼び方:もりこし えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:森越字町小路

解説
 創始の年代は記録がないため不明ですが、老人の話を総合してみると明治初期といわれています。昭和15年頃まで八戸行列に参加していました。昭和5年1月錦座(東宝)において、えんぶり競演会に出場し1等賞を受賞しています。

下斗賀朳組

呼び方:しもとか えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:斗賀字中道

解説
 創始伝来の経路年代を明らかにした記録はありませんが、年配の方の話によれば八戸藩時代(1850年頃)に創始されたらしく、以来村(部落)えんぶりとして昭和18年まで継続し、19年に廃止されるところでしたが、3名の愛好者が村えんぶりとしてではなくとも保存していくべきという意見のもと、現在まで保存されてきました。下斗賀えんぶりは、どさい雄の持つ雄々しき所作を伝統にしています。

上斗賀朳組

呼び方:かみとか えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:斗賀字上斗賀

解説
 創始以来の経路年代は明らかではありませんが、八戸藩時代あったえんぶりの流れをくむものと伝えられています。

片岸えんぶり組

片岸えんぶり組呼び方:かたぎし えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:平成30年2月21日
所在地:苫米地字砂場

解説
 
創始伝来の経路年代は明らかではありませんが、昭和40年頃から後継者不足などの理由で一時休止状態となっていましたが、昭和55年頃から青年団を中心に復活の動きが始まり、平成15年に福地小学校創立130周年記念式典でえんぶりを奉納し、以来本格的な活動を行っています。

玉掛えんぶり組

玉掛えんぶり組呼び方:たまかけ えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:平成30年2月21日
所在地:玉掛字前田

解説
 
詳しい年代は不明ですが、明治時代から太鼓を叩きながらえんぶり唄が歌われていたことが伝えられています。組の活動は戦時中から中断したが、地域の先輩方から指導を受けて、農作物の豊作を祈願する郷土芸能の、玉掛どうさいえんぶり組が復活しました。

大向えんぶり組

大向えんぶり組呼び方:おおむかい えんぶりぐみ
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:平成30年2月21日
所在地:大向字飛鳥

解説
 
創始伝来は明らかではないが、明治期にはすでに行われていたと伝えられる。戦時中に一時休止したものの、終戦直後、歌詞だけ梅内のものを採用して復活し、昭和22年に向小学校で演じたのが復活の始まりでした。向鶴の家紋の使用については、昭和23年10月17日に南部家44代利英公が盛岡から三戸にお出ましになった時に願い出て、許可を頂いた経緯があります。

上斗賀南部虎舞

呼び方:かみとか なんぶ とらまい                                                 
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:斗賀字上斗賀

解説
 この虎舞はおよそ300年以前に虎頭と虎肌を作り、親虎子虎の2匹で舞踊り、村人たちの願いや作物の秋の収穫をとらえてくれるという2つの融合調和の姿として、意気盛んな虎に切なる心をたくした民俗信仰の舞として誕生したと伝承されています。

虎渡杵舞

呼び方:とらと きねまい
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:虎渡字虎渡

解説
 今からおよそ800年以前の鎌倉時代、武士が戦場へ出陣の際に将兵の士気を高揚させたり、或いは戦いに勝って凱旋の折その功労をねぎらったりするため、七つ道具を用いて舞を披露して慰安に供し、神前に奉納したものと申し伝えがあります。

 

 

剣吉諏訪神社商宮律

呼び方:けんよし すわじんじゃ さぎり
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和51年2月20日
所在地:剣吉字上町

解説
 「明和9年壬辰7月吉日、西村和泉守作、奉納諏訪神社大明神、剣吉村願主村井氏、立花氏」という銘のあることから、今から200年以前、神輿、神楽、鹿踊りと共に京都より移入したとされています。豊年祈願の秋祭りの際、神輿と共に行列に加わっています。

下斗賀熊野神社権現舞

呼び方:しもとか くまのじんじゃ ごんげんまい
種 別:無形民俗文化財
指定年月日:昭和59年10月31日
所在地:斗賀字下斗賀

解説
 およそ250年以前から伝わる舞で、寛保年間(1741~1743)に津要玄梁の寺下法明燈の落慶式典に、熊野系の山伏と思われる下斗賀東学坊が参列したことが館村誌に載っており、下斗賀熊野神社の権現様は東学坊のものと思われます。その後連綿として受継がれてきましたが、明治維新の神仏分離など大変な変遷にあいました。舞は権現をかぶり、あごを打ち鳴らす「はうち」の響きが大きな特徴です。舞の種類も「門払い」「青し上げ」「人がため」「家がため」等、その調子も2拍子、3拍子、4拍子とに分かれています。昔は、唄あり舞も12ありましたが今はほとんど残っていません。

南部手踊(七踊り)

呼び方:なんぶ ておどり(ななおどり)
種 別:無形文化財
指定年月日:平成6年12月22日
所在地:斗賀字下斗賀
所有者・代表者:南部町郷土芸能保存会

解説
 200年以上も前から踊り継がれていると言われています。その踊りを舞台踊りとして今日のようにアレンジしたのが、旧北川村の故栗山由太郎氏であり、更に旧下斗賀村の故舘松栄源次郎氏によって県内外に広く普及され、一般愛好家たちにも伝承されてきました。今では、八戸市や上北地方、また久慈方面や二戸地方でもこの南部手踊りが盛んに踊られています。

南部七大民謡(南部七唄)

呼び方:なんぶ ななだい みんよう(なんぶ ななうた)
種 別:無形文化財
指定年月日:平成10年11月18日
所在地:斗賀字下斗賀
所有者・代表者:南部町郷土芸能保存会

解説
 「南部手踊り(七踊り)」(平成6年12月22日指定)は約800年以上前から踊られていたと伝えられていますが、それ以前から伴奏をなす七唄の原型はあったといわれています。南部七踊りを舞台踊りとしてアレンジしたのが旧北川村の故栗山由太郎氏ですが、頃を同じくし、七唄も舞台用にアレンジされ三味線・太鼓も付けられ、七踊りと共に発達し現在まで唄い継がれて来ました。いわば名川地区は南部七唄発祥の地といえます。