統合庁舎建設事業の方針決定

 現在の庁舎は建設から30年が経過し、設備等の大規模な改修が必要とされる時期も近づいていることから、将来の庁舎のあり方について検討し、増加することが見込まれる社会保障費や学校を改修するための教育費など、将来確実に必要な事業の財源を確保するため、「庁舎のあり方に関する町民アンケート」の結果内容などを参考に、合併特例債や過疎対策事業債を活用しながら庁舎を統合することとし、「南部町統合庁舎建設基本計画」に基づき事業を進めます。

統合庁舎の整備方針と考え方

 平成30年1月に策定した「南部町統合庁舎建設基本計画」に示す基本理念と4つの基本方針に基づき、事業を推進しています。

統合庁舎建設の基本理念

質の高い行政サービスを提供できる

高齢者から子どもまで誰もが安心して集う まちづくりの拠点

  統合庁舎整備の方向性の体系

統合庁舎整備の方向性の体系

事業にかかる各種計画等の策定状況

 次の計画等に基づき、統合庁舎建設事業を進めています。

事業スケジュール

  統合庁舎の建設工事は平成31~32年度までに実施する予定で、外構工事、連絡道路整備工事までのすべての事業は、平成32年度までの完成を目指しています。

事業スケジュール

事業スケジュール

統合庁舎建設関連工事の状況

 平成30年度から統合庁舎建設関連工事に着手しますので、工事の実施状況について随時お知らせします。

これまでの経過・進捗状況

  • プロポーザル選定委員会において、統合庁舎基本・実施設計業務の設計者を特定(平成30年8月3日)

  • 統合庁舎基本・実施設計業務の公募型プロポーザル参加者の募集を開始(平成30年5月11日)

  • 統合庁舎建設基本・実施設計業務プロポーザル選定委員会を設置(平成30年5月1日)

  • 統合庁舎建設基本計画を策定(平成30年1月)

  • 統合庁舎建設委員会から町長へ、基本計画の策定について答申書を提出(平成29年12月19日)

  • 統合庁舎建設委員会を設立(平成29年9月13日)

  • 統合庁舎建設庁内検討会議を設立(平成29年8月17日)

  • 統合庁舎建設庁内検討プロジェクトチームを設立(平成29年8月10日)

  • 議員全員協議会において、町長が建設地を中央公民館周辺とする方針を決定(平成29年5月26日)

  • 統合庁舎建設用地検討委員会が候補地2箇所を町長へ答申(平成29年4月18日)

お知らせ

  • 中央公民館内にある「農林課」「農業委員会」の執務室を移転し、平成30年7月2日(月曜日)から南部分庁舎で業務を開始します。

  • 中央公民館は建て替えのため、平成30年6月1日(金曜日)から完成までの当分の間、使用できません。今後は、平成32年度の完成を目指し、統合庁舎と公民館機能を有する施設を同時に整備しますが、6月1日以降に利用希望の方は、他地区の公民館等の施設をご利用ください。

  • 名川B&G海洋センターと名川老人福祉センターは、これまでどおりご利用いただけますが、工事期間中は通行が制限されますので、ご理解とご協力をお願いします。