ブロック塀などの安全点検と管理について

 平成30年6月18日の大阪府北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、国より塀の安全対策について、学校の塀に限らず、広く一般の建築物を対象に次の点についての注意喚起がなされました。

 

  1. チェックポイントを用いて安全点検を行うこと
    ※チェックポイントはこちら(国土交通省「建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について」)
     
  2. 安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示及び補修・撤去等が必要となること

 

 今回の地震に限らず、過去の地震においてもブロック塀などの倒壊による死亡事故や道路をふさぐなどにより、救助活動・消火活動の妨げになった事例もありますので、ブロック塀や石塀などの所有者は、チェックポイントを用いて安全点検を行い、危険性が確認された場合には速やかに対応するよう責任を持った管理をお願いします。