介護保険制度

介護保険制度は、介護を必要とする状態になっても自立した生活が送れるよう、本人や家族が抱える介護の不安や負担を社会全体で支えあう制度です。
 

南部町の介護保険事業は、町が保険者となって運営しています。
 

おもに40歳以上の町民が被保険者(加入者)となって保険料を負担していただき、介護が必要と認定された時には、費用の一部(原則として1割または2割)を支払って、介護サービスを利用するしくみとなっています。