介護保険の財源は、公費(税金)と40歳以上のかたに納めていただく介護保険料でまかなわれています。介護保険料は、介護保険を健全に運営するための大切な財源となります。介護が必要となったときに、誰もが安心してサービスを利用できるように、介護保険料は必ず納めましょう。

介護保険費用の負担割合

介護保険費用の負担割合は、65歳以上のかたと40歳から64歳までのかたの人口比率をもとに決められます。65歳以上のかたの人口が増加している中、両者の1人あたりの介護保険料の均衡を図るために、3年に1度見直されます。

※平成30年度からの負担割合は、65歳以上のかたが23%、40歳から64歳までのかたが27%となっています。

 

●平成30年度からの3年間の財源構成(居宅サービス)

平成30年度からの3年間の財源構成(居宅サービス)

平成30年度からの3年間の財源構成(施設サービス)

平成30年度からの3年間の財源構成(施設サービス)