地域で自分らしく暮していくために!「地域で支え 地域を生きる」

「通いの場&認知症セミナー」を下記のとおり開催します。

皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

 

  開催ちらしはこちら ⇒ 通いの場&認知症セミナー [pdfファイル]

 

1.開催日時

  令和3年11月12日(金) 13:35~15:20(開場12:30 閉場16:00)

  令和3年11月13日(土) 12:00~16:00(開場12:00 閉場16:00)

2.開催場所

  南部町いちょうホール(南部町新庁舎となり)

3.対象

  南部町民および医療・福祉関係者

4.定員

  各日50名(定員になり次第締切)

5.料金

  無料

6.その他

  (1)感染症予防のため37.5℃以上の方や体調の悪い方は参加をご遠慮ください。

  (2)健康マイレージのポイントを加算します。

7.申込み・問合せ

  南部町地域包括支援センター(0178-76-2555)

 

プログラム

11月12日(金)

  講 演「自分らしく生きるために」  13:35~14:35   

     ~人のつながり・いのちと向き合う~

  認定臨床宗教師・認定スピリチュアルケア師 法永寺住職 小山田和正氏

 

 「認定臨床宗教師」は、布教・伝道や営利を目的とするのではなく、対象者の価値観を尊重しながら、宗教者としての経験をいかして様々な思いを抱える方々に寄り添う活動をしています。「認定臨床宗教師」である小山田氏の今までの「いのちと向き合う」活動を通して、自分らしく生きるためのヒントについてご講演いただきます。

 

 

  体 験「認知症予防・介護予防に“回想法”」  14:50~15:20

  小規模多機能ホーム 蒼 職員

 

 なつかしい物や映像を見て思い出を語り合う“回想法”は、脳を活性化し情緒を安定させ、続けることで認知症の進行予防や介護予防に効果があるといわれています。小規模多機能ホーム蒼 では、日々の活動や、毎月開催しているオレンジカフェ(認知症カフェ)において“回想法”を取り入れています。わくわくしながら昔を思い出す“回想法”を体験してみましょう。

 

11月13日(土)

  映画上映「長いお別れ」   13:00~15:10

 

 厳格な父が認知症と診断され、妻や娘は様々な現実に直面する。記憶を失っていく父と家族が過ごした7年間の日々をユーモアを交えながらあたたかく描いた作品です。父を山崎努、妻を松原智恵子、娘を竹内結子・蒼井優が演じます。

 

  通いの場の活動発表  15:20~16:00      

   上斗賀茶ろん代表 西塚成代氏

   お茶の間サロン 相談支援センター八幡のゆ 石井七恵氏

 

 住民同士が気軽に集まり、無理なく、楽しく一緒の時間を過ごす「通いの場」。共に集まりおしゃべりをして笑いあうことで、「寝たきり知らず」「認知症知らず」「孤独知らず」が地域に広がっていきます。南部町においてもたくさんの通いの場がありますが、その中から2団体の方に、日々の活動内容について発表していただきます。

 

※11月12日・13日ともに開場時間内において「認知症簡易テスト」「介護認知症相談」「通いの場の活動展示」を行います。

 

講師紹介  

 小山田 和正氏 

             

第35世法永寺住職

社会福祉法人立正福祉会家庭児童相談室相談員・認定臨床宗教師・認定スピリチュアルケア師

 

昭和45年(1970年)生。立正大学大学院(文学研究科/仏教学専攻)修士課程卒業。卒業後、日蓮宗海外布教開教師として米国オレゴン州ポートランド日蓮仏教会助員就任。以降、カリフォルニア州サクラメント仏教会助員、カリフォルニア州サンノゼ海外布教センター職員、イリノイ州シカゴ日蓮仏教会主任、マサチューセッツ州ボストン日蓮仏教会主任を経て、平成15年3月、米国赴任任期終了に伴い帰国。平成13年、日蓮宗大荒行堂初行入行。平成16年、日蓮宗大荒行堂再入行。平成30年3月より法永寺住職。