平成28年度臨時福祉給付金とは

平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。

 対象者

次のすべての要件を満たす方が対象です。

1.平成28年1月1日時点において、南部町に住民登録がある方
2.平成28年度分の住民税(町民税)が課税されていないこと

※本人に住民税が課税されていない方でも、平成28年度の市区町村民税が課税されている方(町外の方も含む)に税法扶養されている場合や生活保護を受けている方は、対象外です。 

※「高齢者向け給付金」(30,000円)の支給対象者も受給できます。

 支給額

対象者1人につき3,000円(1回限り)

 申請方法

平成28年9月17日(土曜日)に給付の要件を満たしている方に申請書をお送りしました。申請書が届きましたら、必要事項を記入・確認し、返信用封筒(切手はいりません)にて郵送してください。
窓口で申請する場合は、本庁舎(住民生活課福地サービス班)、健康センター(健康福祉課)、南部分庁舎(住民生活課)に提出してください。

 申請期間

平成28年9月20日(火曜日)から平成28年12月28日(水曜日)まで【郵送の場合、12月28日の消印有効】
※期限を過ぎると申請できませんので、余裕をもっての手続きをお願いします。

 給付時期

平成28年10月中旬以降に、順次、ご指定の金融機関口座にお振込みします。

 DV被害者や福祉施設等に入所の場合

DV被害者や児童福祉施設等に入所している児童等で、他の市区町村から住民登録を移さずに南部町にお住いの方については、南部町で申請を受け付けることができる場合がありますのでお早めにご相談ください。

 振り込め詐欺や個人情報詐欺にご注意

臨時福祉給付金に関して
・市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
・ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
・市町村や厚生労働省などが、臨時福祉給付金を支給するために、手数料の振込を求めること等は絶対にありません。

市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合にはお住まいの市町村や警察署(警察相談窓口電話(#9110))にご連絡ください。

 その他

ご自身が給付要件に該当されると思われる方で、申請書が届かない場合などは、健康福祉課(0178-60-7101)までご連絡ください。町から申請書を郵送します。

 関連サイト

「臨時福祉給付金」や「障害・遺族年金受給者向け給付金」の”振り込め詐欺”や”個人情報の詐欺”にご注意ください(厚生労働省)新しいウインドウが開きます

 問い合わせ先

◇制度に関する問い合わせ先

 厚生労働省の相談窓口(専用ダイヤル) 電話:0570-037-192

◇申請方法、支給に関する問い合わせ先

 健康福祉課 地域福祉班 電話:0178-60-7101