介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは

 高齢者の方々が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには、一人ひとりが要介護状態にならないように予防すること、地域全体で日常生活を支え合う地域づくりが必要です。

 その一環として、介護保険法の改正により「介護予防・日常生活支援総合事業」(総合事業)が創設されました。

 南部町では平成29年4月から総合事業を開始します。

 自立した生活のために支援が必要な方や、心身機能の低下が心配される方で介護予防に取り組みたい方は、地域包括支援センターの職員やケアマネジャーと相談しながら、介護予防ケアマネジメント(ケアプラン)に沿って適切なサービスを利用することができます。 

ここが変わります!

 平成29年4月からの総合事業開始に伴い、介護予防事業が変わります。

  これまで要支援1・2の認定を受けて利用していた介護保険の予防給付のうち、ホームヘルプとデイサービスは総合事業へ移行します。

 

     現在、利用中の人はどうなるの? 

 すでに要支援1・2の認定を受けてホームヘルプ及びデイサービスをご利用中の方は、平成29年4月以降の認定更新の際に総合事業へ移行します。それまでは、引き続き介護保険の予防給付が利用できます。

 また、総合事業に移行した場合も、事業の枠組みは変わりますが、これまでと同じサービスが利用できますのでご安心ください。

 
 

 

 その他、総合事業を含む南部町の介護予防事業の変更内容については、こちらをご覧ください。 

介護予防事業が変わります(平成29年4月から)