概要

高等学校以上の学校に在籍する方のうち、就学が困難な方に対して貸付を行い、有能な人材を育成することを目的としています。

 対象となる方

南部町に6ヶ月以上居住している人のお子さんで、4月1日現在、高等学校以上の学校に在学し、経済上の理由で就学が困難と認められる方。

貸付の金額

学校の区分 奨学金の額
高等学校等 月額 2万円以内
高等専門学校

1年から3年 月額2万円以内

4年から5年 月額3万円以内

高卒を入学資格とする

専修学校・各種学校

月額 3万円以内
短期大学 月額 3万円以内
大学 月額 4万円以内
入学金(大学・短期大学) 入学金30万円以内

※大学院(修士課程・博士課程)は、奨学金の対象となりません。

※すべて無利息での貸付となります。

必要書類

次の書類を1通ずつそろえてください。

  • 奨学金貸付申請書
    連帯保証人が2人必要
  • 在学証明書
    4月1日以降に発行したもの
  • 成績証明書
    平成28年度卒業校のもの(開封無効)
    学年途中での申請する場合は、前年度学年のもの
  • 保護者の平成28年分の収入がわかる書類
    源泉徴収票や確定申告書の写し
  • 保護者及び連帯保証人の納税証明書
    平成28年度分のもの
  • 入学金を希望する場合
    入学のしおりなど入学金の額がわかる書類の写し

※「奨学金貸付申請書」は、教育委員会学務課(南部分庁舎)及び住民生活課福地サービス班(本庁舎)、住民生活課名川サービス班(南部町健康センター)で配布します。

申込先

南部町教育委員会 学務課(南部分庁舎)

募集期間

平成29年5月1日(月曜日)から5月31日(水曜日)

午前8時15分から午後5時まで

(土・日曜日、国民の祝日を除きます)

採用決定

申請受理後、本人の希望や家庭の経済状況等を参考にして貸付決定をし、決定通知書を送付いたします。

決定後の手続き

貸与契約書を取り交わし、貸付金の振込(本人名義の口座)手続きを開始します。

※翌年度以降は、奨学生の在学確認のため、年に一度、「在学証明書」を提出していただきます。

振込時期

毎月15日に指定の口座に振り込みます。

※15日が土・日曜日、国民の祝日にあたる場合、金融機関休日前営業日の振込となります。

※奨学生採用初年度は、7月に4ヶ月分(4・5・6・7月)を振込むこととなります。

貸付の休止

奨学生の休学、または奨学生として不適当と認める事由がある際は、貸付を休止する場合があります。

※留年した場合も貸付は行いますが、学校の正規就学期間内での貸付となります。

返還方法

奨学金は、卒業年度の翌年度から10年以内に償還していただきます。

返還の免除

専修学校・各種学校、短期大学及び大学を卒業後、引き続き10年以上南部町に居住した場合は、奨学金(入学金は含まず)の2分の1以内の額を免除してもらうことができます。

ただし、次のような場合は、全額を返還してもらう事になります。

  • 学校を卒業後、南部町に居住しなかったとき
  • 学校を卒業後、南部町に居住したものが、同町から転出したとき