食品等事業者の方は、申請や届出の手続きが必要となる場合があります

平成30年6月に食品衛生法が改正され、令和3年6月1日から、食品の営業に関する制度、衛生管理の方法が大きく変わりました。
食品等事業者の方は、申請や届出の手続きが必要となる場合があります。

 

※令和3年6月1日の時点で届出の対象となる営業をしていた事業者は、

 令和3年11月30日(施行から6か月以内)までに届け出しなければなりません。

 

申請や届出が必要な業種、手続きの詳細については、青森県及び厚生労働省のホームページでご確認ください。

(次のリンク先からご確認いただけます。)

 

青森県庁ホームページ「営業許可・届出制度リーフレット」

青森県庁ホームページ「食品衛生法の改正について」

厚生労働省ホームページ「営業届出に係るリーフレット」

  

出前トーク「HACCP(ハサップ)をやってみましょう」について

食品衛生法の改正により、令和3年6月1日から、原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理を実施するよう求められています。

青森県では、事業者がHACCPに沿った衛生管理を速やかに導入し、継続実施できるよう、HACCPの基礎から導入法違法までをわかりやすく説明する出前トーク(講習会)を実施していますので、ご活用ください。

 

出前トーク(講習会)については、青森県のホームページでご確認ください。

(次のリンク先からご確認いただけます。)

 

出前トーク「HACCP(ハサップ)をやってみましょう」