受入農家と名久井農業高等学校生農作業の様子  5月8日・9日の2日間、名久井農業高等学校1年生が農作業支援活動を実施しました。

 生徒たちは受入農家ごとに班に分かれ、りんごやさくらんぼの花摘み作業、人工授粉、堆肥配り等を行いました。

 慣れない様子の生徒が殆どでしたが、農家からのアドバイスを聞きながら作業に取り組み、「上手になった」「とてもよく働いてくれる」とお褒めの言葉を受けていました。

 農作業支援活動は秋にも予定されています。