「人・農地プラン」から「地域計画」へ

 今後、高齢化や人口減少の本格化により、農業者の減少や遊休農地が拡大し、地域の農地が適切に利用されなくなることが懸念されており、農地が利用されやすくないように農地の集約化等に向けた取組を加速化することが、喫緊の課題となっています。

 このことから、地域における農業の持続的発展や農地を次の世代に引き継いでいくために、農業経営基盤強化促進法が改正され、「人・農地プラン」を法定化するとともに、10年後の将来の農地利用の姿を明確化するための「地域計画」を令和7年3月末までに全市町村で策定することとなりました。

 人・農地プランから地域計画へ(農林水産省ホームページ)

 

地域計画について

 地域計画とは、人と農地の問題を解決するための将来の設計図です。

 農業従事者の高齢化や担い手不足が心配される中、今後、誰がどのように農地を使って農業をしていくのかを、地域における話合いに基づいて計画(計画)としてまとめます。また、併せて、10年後の目指すべき農地利用の姿について、現況地図を基に「目標地図」を作成します。

 計画を策定するにあたっては、地域全体での問題意識を共有し、様々な意見を出し合いながら、地域の将来を話し合うことが重要となります。

 町では、現在の「人・農地プラン」と同様、南部、名川、福地の3地区での計画を策定する予定です。

※目標地図は、農地ごとに将来の耕作者をイメージとして示すものであり、これにより農地の権利設定がなされるものでありません。

 

「地域計画」の進め方

1.農業者の年齢や後継者の有無、今後の意向等の調査を行います。

2.調査結果を基に現況を把握し、これを地図化(現況地図、目標地図素案)します。

3.これを基に、認定農業者、認定新規就農者等の担い手、土地改良区、中山間・多面組織の代表、その他の農業者による地域における話合いの場(協議の場)を開催し、地域の将来を話し合います。

4.協議の場における結果を踏まえ、地域計画の案を作成します。

5.計画の案を作成し、説明会の実施、関係者からの意見聴取を行います。

6.計画案の公告を行います。

7.計画の策定・公告を行います。

 

意向調査(アンケート)の実施について

 計画の策定に向けて、農地の所有者や耕作者などからの今後の農業経営、農地の利用の意向を確認し、その意向を踏まえた目標地図の素案を作成するために、町では10月以降順次、農業者(耕作者・地権者)の方々へ意向調査を実施します。ご理解とご協力をお願いします。

 

地域における話合いの場(協議の場)について

 計画を策定するにあたっての地域における話合いの場(協議の場)の開催について、話合いを実施する区域、日程等は決まり次第、町ホームページによりお知らせします。

 なお、地域における話合いの場(協議の場)については、令和6年度に実施予定です。

 

問合せ先

 地域計画について  農林課 TEL:0178-38-5964

 意向調査について  農業委員会 TEL:0178-38-5972